IRカットフィルターとダイシング加工

IRカットフィルター

多摩エレクトロニクス > 事業内容 > IRカットフィルター

BAG IRカットフィルター

BAG IRカットフィルターとは?

BAGは[Blue Absorbing Glass (青い色をした吸収特性を持つガラス)] の略で、BAG IRカットフィルターは当社のオリジナル商品です。透明なガラスの上に赤外線を吸収する層を生成することにより、入射角依存性の少ない光学性能を有します。IRカットフィルターは、従来の反射タイプから吸収タイプを採用されるケースが多くなっています。

BAG IRカットフィルターの優位性

優位性1:低入射角依存性(ローシフト
     高い吸収特性を有し、低入射角依存性を実現しました。

優位性2:薄型化
     吸収特性が基材の厚みに依存しないため、薄型化が可能となりました。

優位性3:高い強度
     基材に白板ガラス材を用いるため、従来の吸収型と比較して高強度を有します。

優位性4:デュアルバンド
     低入射角依存性を兼ね備えたデュアルバンドを実現しました。
     ※ご要望時にはご相談ください

BAG IRカットフィルターのアプリケーション例

スマートフォン、ドローン、ウエアラブルカメラ、車載カメラ、監視カメラ(セキュリティカメラ)、DSC、DSVC、DSLR、4K・8Kカメラ 等

BAG IRカットフィルターの特長

・斜入射特性
入射角依存によるシフトが少ないため、色の再現性に優れています。また、広角レンズで近接距離で広い範囲を撮影したい場合や、既存カメラのゴーストやフレアの改善、解決策に最適です。加えてアプリケーションの薄型化(低背化)、小型化、 軽量化に伴いモジュールも高さを抑えた設計にしたい場合などに有効です。ガラスタイプのためフィルムタイプより耐熱性に優れ、センサーの熱による撮像の歪みなどに影響を与えません。

・IRの遮断性
IR(赤外線)の高遮断特性に優れているため、「黒色」を「より黒く」再現します。

・赤外域感度
RGB-IR、RGBW対応画像センサ等、赤外領域に感度を持つ画像センサに対して相性が良いフィルターをご提案、ご提供することが可能です。

・用途事例
広角(360度)カメラの薄型化とゴースト対策
ドーム型セキュリティカメラの薄型化と高解像度化
360度カメラの画像つなぎ目の色差対策 など

BAG IRカットフィルターの製品・サンプル一覧

1. 弊社のBAG IRカットフィルターは、すべて低シフトの特長を備えております。
2. 各製品の厚みは、標準でご用意している厚みとなります。
3. すべての製品およびサンプルの厚みは、ご要望に応じて作製することができます。
 (厚みは0.1mm~1.1mmまで、それ以外の厚みもご相談ください)
4. 厚みが変わっても、光学特性は変わりません。

機能別 シリアルNo. 型番 透過帯域・特性 標準厚み
UV/IR カットフィルター BAG-001 GX0034B 415nm-640nm 0.21mm
BAG-002 GX0044B 415nm-650nm 0.10mm
BAG-003 GX0083B 400nm-650nm 0.21mm
BAG-004 GX0086B 415nm-640nm 0.10mm
APF-001 GX0070B 400nm-655nm 0.30mm
デュアルバンドパスフィルター(UV/IRはカット、近赤外はバンドパス) BAG-005 GX0039B 400nm-650nm-850nm
(標準仕様)
0.21mm
BAG-006 GX0097B 400nm-650nm-850nm
(近赤外側低シフト仕様)
0.21mm
BAG-011 GX0122B 400nm-650nm-850nm
(近赤外側低シフト仕様)
0.145mm
APF-002 GX0127B 400nm-655nm-940nm
(標準仕様)
0.50mm
BAG-007 サンプル 400nm-655nm-940nm
(近赤外側低シフト仕様)
ご相談ください
BAG-008 サンプル 400nm-650nm-905nm
(標準仕様)
ご相談ください
バンドパスフィルター BAG-009 サンプル 850nm
(近赤外側低シフト仕様)
ご相談ください
BAG-010 サンプル 940nm
(近赤外側低シフト仕様)
ご相談ください
IRパスフィルター APF-003 サンプル 812nm (低シフト仕様) ご相談ください
製品のお見積もり・お問合せについて

お見積やサンプルのご依頼、お問い合わせはこちらから

小ロットからの販売も承りますので、ロットサイズでお困りのお客様も是非ご相談ください

 




 

光学薄膜の設計~ダイシング~販売まで

当社ではBAG IRカットフィルター以外にも、IRカットフィルター(反射タイプ)、ARコート、バンドパスフィルターなど、様々な光学薄膜の設計から製造、販売まで行っております。

蒸着成膜からダイシング加工、検査まですべてクリーンルーム内での一貫ラインで生産することにより、高品質の製品をご提供いたします。

蒸着膜 IRカットフィルター 吸収タイプと反射タイプの比較

スクロールで図全体をご覧いただけます。

タイプ 反射タイプ IRカットフィルター 吸収タイプ IRカットフィルター
膜構成 誘電体多層膜により赤外光は反射し、可視光帯域は透過する特性のフィルター 赤外線吸収膜層を形成し、吸収により赤外域をカットするフィルター
特徴 入射角依存が比較的高く、赤外側半値が大きくシフトする 反射タイプに比べて入射角による半値シフトが少ない。 現在ではスマートフォンなどの高画素カメラモジュールのほとんどのIRカットフィルターに採用されている
ポイント 低コスト 高機能

吸収タイプ(BAGタイプ)

当社の吸収タイプのIRカットフィルター(BAGフィルター)は、反射タイプのIRカットフィルターに赤外吸収液をスピンコーターで塗布し、従来のBG(Blue Glass)タイプなどと同等以上の光学特性と強度を持った光学フィルターです。

IRカットフィルター(赤外線カットフィルター)

BAG_CAMERA.png  
 



IRカットフィルターとは、一般的に「赤外線カットフィルター」、「光学フィルター」、「オプティカルフィルター」などと呼ばれ、スマートフォン等に搭載されるデジタルカメラモジュールの構成部品の一つです。

カメラモジュールの基幹部品であるCCDやCMOSと呼ばれる半導体イメージセンサーは、人間の目に見えない赤外線までも認識するため、そのままを画像にしても普段目にしている色彩にはなりません。

そこでIRカットフィルターをCCDやCMOSの前に取り付け、光の波長帯から余分な赤外線をカットすることで、より人間の目で見たものに近い画像にすることができるようになります。

反射防止膜(ARコート)

ARコートは、低屈折材料の物質と高屈折材料の物質を交互に積層し、干渉現象により反射を抑え透過率を向上させるコーティングです。 光透過率のアップ、映り込み防止などに役立ちます。

当社では、ARコートの設計からサイズカットまでの一貫ラインを構築しております。

【膜設計 → IR膜蒸着 / AR膜蒸着 → ダイシング → 梱包・出荷】